Beauty

夏ならではの顔汗に悩む女子のための「メイクが落ちない対策方法」

とっても暑い毎日が続いているけど、そんな季節に気になるのが
「汗のせいでメイクが崩れてしまうということ」。

例えば、せっかく彼と2人っきりで夏祭りに遊びにいったのに、
汗のせいでメイクが崩れて顔がドロドロになって、彼とのムードが台無しなんてのもあるかもしれないよ!

そこで、今回は化粧崩れが激しい女の子のためのメイクが落ちない対策を教えちゃうよ!

汗でも崩れにくい!メイクが落ちない対策方法

❶スキンケアから10分後にメイクを始める
メイクはスキンケア後、10~20分経過してから行いましょう。
スキンケア直後にメイクをしてしまうと、化粧水などが十分お肌になじんでいない事が多いです。

お肌の表面に水分や油分も残っているため、メイク剤がそれらと混じり合い、ぐちゃぐちゃになってしまいます。
どうしても時間がない場合には、乳液をハンドプレスしたあとで軽くティッシュオフするようにしましょう。

❷化粧崩れしにくい化粧下地を使う
汗をかきやすい時期だけ皮脂に強いタイプの化粧下地に変えるのもおすすめです。
そもそも崩れにくく、汗に強い下地を使えばその分メイクが長持ちします。

化粧崩れしにくい化粧下地というので挙げられるのが、顔にぬる事で汗が出るのを防ぐ「顔用制汗剤」です。
顔用制汗剤は沢山ありますが、例えば『サラフェ プラス』という顔用制汗剤を使えば、必要以上にメイクが崩れずにすみます。
顔という一番デリケートな場所に使うものだからお肌に優しいつくりになっており、美容成分も多く入っています。
汗を抑えながら美肌を目指すことができるのでオススメです。

❸ファンデーションは薄く均一に!!
ベースメイクの基本は「均一に薄く密着させる」をオススメします。
「どうせ汗で流れちゃうんだから…多めにぬっといてもいいんじゃない?」と考えて実行してしまうと、
厚くぬったた部分が肌になじまず、崩れやヨレとなります。

にきびの跡やシミ、クマなどどうしても隠したい部分がある場合にはファンデーションを厚くぬるのではなく、コンシーラーかコントロールカラーを利用して部分的にカバーするといいです。
また、仕上げとして、顔全体にフェイスパウダーを薄くおおうようにして均一にのせるのがポイント!
めんどうだけど、このひと手間が化粧持ちを格段にアップさせます!

汗というのは個人差がとてもある物だから、メイクの際のファンデーションの量・制汗剤の量も自分のベストの量を知ることがまずは大切だよ。
熱中症にも気をつけながら毎日メイクを楽しんでね!